寝る三時間前食べない!

 

ダイエットをやり始めると、この言葉良く聞きますよね。

 

 

40代単身赴任のしがないオヤジである私も、

 

ダイエットの一環として実戦しました。

 

 

その40代単身赴任男はどうなったのか?

 

今回は、この痩せる方法を実践した40代男性の体験談をお届けします。

 

 

 

寝る三時間前食べないとは!40代単身赴任男性の体験談

 

40代過ぎたころさりげなく体重増加、さらに単身赴任で一気にスパーク!

 

メタボ街道一直線であった、しがないオヤジである私が、

 

血圧160突破でようやく、まじめにダイエットにチャレンジ!

 

そのダイエット内容のメインは食事内容の改善と筋トレです。

 

 

その他のネタとしては、今回の寝る三時間前食べない!

 

も実践しました。

 

 

なぜ、寝る三時間前食べない!がダイエットにいいのか?

 

正直、細かいメカニズムはよくわからないですが、

 

ザックリ、寝る直前に食べると、消化しきれない食べ物が、

 

余剰分として蓄積されてしまうからと言われてます。

 

 

だから、寝る3時間前に食事は済ませて、消化しきれていない状態を

 

回避しよう!というロジックです。

 

 

そう言われると、そういう感じがしますよね!

 

という訳で、とにかく実践してみました。

 

今回は、その体験談をお届けします。

 

 

 

 

寝る三時間前食べない!この痩せる方法を実践してどうなった?

 

実践結果としては、

 

3か月で-10.4kgダイエットできました。

 

 

ただ、これは、食事内容改善と筋トレの効果が大きかったと思います。

 

この寝る三時間前食べない!がどれぐらい影響したのかは不明。。

 

でも、手応えとしては、これも重要だったと感じてます。

 

 

食事内容改善と筋トレでせっかく、いい感じになってたものを、

 

寝る直前にガッツリ食べることで、台無しにしてしまうように思います。

 

 

 

寝る3時間前に食事を済ませたの?夜な夜なお腹すかないの?

 

私の場合の改善前と改善後は以下です。

 

改善前

朝食 ⇒ 食べない

昼食 ⇒ 12:30ごろ

夕食 ⇒ 20:00ごろ

夜食 ⇒ 00:00ごろ

就寝 ⇒ 2:00ごろ

 

一応、一日3食ですが、時間がハチャメチャです。。

 

 

改善後

朝食 ⇒ 7:30ごろ

昼食 ⇒ 12:30ごろ

夕食 ⇒ 20:00ごろ

夜食 ⇒ 食べない

就寝 ⇒ 0:00ごろ

 

朝食を取る様にして、夜食をやめました。

 

これにより、寝る三時間前食べない!を実行しました。

 

 

最初のころは、朝食を食べるのが、めんどくさいし、夜な夜な小腹減ったりで、

 

ちょっと辛かったですが、一週間ほどで、すぐに慣れました。

 

今では、この習慣が定着しましたので、夜な夜なお腹がすいてたまらん!

 

ということはないです。

 

 

改善前は、夜中にカップラーメンとかコンビニのからあげくんとおにぎりとか

 

よく喰ってました。

 

今思うと、かなりよろしくない食事のとり方をしていたと感じます。

 

 

 

こちらもどうぞ!これが痩せるきっかけになって人生が180度かわるかも!

 

 

 

 

特集:痩せる為の食べ物や食べ方とは

痩るための食事の取り方の例まとめ!コンビニや自炊メニューなど

 

 

 

まとめ

今回は『寝る三時間前食べない!この痩せる方法を実践した40代男性の体験談』

についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■寝る三時間前食べないとは!40代単身赴任男性の体験談

⇒これは結構重要と感じる

 

■寝る三時間前食べない!この痩せる方法を実践してどうなった?

⇒3か月で-10.4kg(ただし、寝る三時間前食べない!の影響はどれぐらいなのかは不明)

 

■寝る3時間前に食事を済ませたの?夜な夜なお腹すかないの?

⇒すぐに慣れました。

 

 

こちらもどうぞ!関連記事

 

 

如何でしたでしょうか?

 

 

単身赴任だと、ついつい食生活が乱れてしまいます。

 

仕事に都合を合わさないといけないので、夕食時間もバラバラになりがちです。

 

また仕事以外のことが、全てめんどくさくなってしまいますよね。。

 

私もそうでした。

 

 

しかし、実際にダイエット体験をして、食事内容改善はもちろん、

 

食事時間も重要だと感じます。

 

 

なので、食生活は意識的に改善しましょう!